SSブログ

【南アW杯】ドイツ敗北の予言的中も、「占いタコ」に罪はなし [サッカー]

 サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)でドイツの敗北を予言したタコの「パウル(Paul)」は、ドイツ代表チームの6試合すべてで勝敗予想を的中させるという偉業を達成した。

 スペイン戦も的中したが、これまでの「英雄」扱いから「敵」扱いの眼差しに変わってしまったという。
「タコ」くんには何の罪もないと思うのだが。試合は予言通りというより、実力差で負けたのだ。パスの正確性、スピード、シュート数、ボール支配率において、すべてスペインがドイツを上回っていた。
 ドイツにしてみれば、今大会4得点を挙げているミューラーがイエローカードの累積により出場できなかったことが、大きく響いたように思う。でもドイツチームは若いチーム(ミューラー、エジル共に21歳)であるから、次の大会が楽しみだろう。




 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます