So-net無料ブログ作成

巨大な隣人中国の実力 政治、経済、軍事ともに日本を丸飲みする [警鐘]



 政治では尖閣問題で完璧に中国に見下された。日本は今もビデオ流出で引きずっているが、中国ではすでに過去の出来事として処理している。
 経済は、過去の日本のODA援助については無視(当たり前の援助だと思っている)して、購買力平価でみたGNP比は日本の3倍近くで、2020年半ばには米国と肩を並べ、その後は引き離していく勢い。現時点でもすでに日本の2倍になっている。
 そして最後は、軍事力。現在は海軍力が日米拮抗して中国は遠慮しているが、今後も増強して米軍は安保条約が有効でも、軍事バランス上、現在の防衛線より後退する見込みとのこと。日本を守るのは誰。防衛省だけで守れるのか。米軍は、米国人の居住地が脅かされない限り何もしない。尖閣を守るのは日本のはずである。中国への抑止力を謀る手立ては、軍事力の増強、現実には自衛隊の軍備を増強する以外にないはずである。
 米軍が沖縄から撤退して、グアム等へ移転したら、沖縄周辺諸島に中国は進出してくるだろう。こうならないように友好関係を築けという議論があるが、軍事力を背景にした抑止力を持った関係でない限り、何の有効性もない。ロシアが強気に出てくる背景も、北方領土交渉の背景に何らの抑止力も感じられないからである。北方領土はロシアに実効支配されたまま、進展はないだろう。
 それに引きかえ、日本の国会は、大臣の放言、失言やり放題、無責任内閣で務まる平和な国だ。

 今日の平和が明日も続く保証は何もない。

 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。